南東北空手道選手権大会

はすだ市民祭り&納涼会の翌日8月24日、福島県石川町にて行われた「南東北大会」に蓮田支部より7名の選手が出場しました。各自が日頃の練習の成果を発揮し、4名の選手が入賞することができました。
そのうちの一人、組手・小学六年生の部に出場した村田昌駿選手は、念願であった初めての「トロフィー」を手にしました。村田昌駿一級は、小学一年生から空手を始め、大会にも積極的に挑戦してきました。年間稽古出席でも毎年ベスト10に入るほど努力してきましたが、県大会以上ではなかなか勝ち上がることができませんでした。毎回大会に出場しては悔し涙を流し続け、そして今回ついに手にしたトロフィーはさぞ嬉しいことだろうと思います。皆さんの中にも、大会や試合で「なかなか勝てない」とあきらめてしまう人がいるかもしれません。そんな時は村田一級の「6年目の初トロフィー」を思い出してください。まさに継続は力なり、地道な努力は裏切らないことを証明した嬉しい入賞でした。
そしてもう一人。6月に行われた埼玉県大会(組手)で見事大会二連覇を果たした柴田一輝一級ですが、今大会では型と組手の両方にエントリーし、小学生高学年・型の部で入賞することができました。組手と型の両方でがんばれたことに本人の並々ならぬ努力がうかがえます。組手と型は、いわば車の両輪です。皆さんも得意不得意があるかもしれませんが、両方がんばることが結局は上達の近道かもしれません。練習内容を事前に取捨選択してしまわずに「なんでもがんばる」気持ちで稽古に励みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fifteen − 2 =